コタロー堂 電話番号

ビックリ!認識の違い7/22

24日から仕入れに行ってきます。

今回は夏祭り用のミラクル特価ブレスレットの準備があるので、いつもより時間がかかります。

毎年恒例となりますので、時々お問い合わせがあります。

目玉商品もあります。楽しみにしていて下さい。早い者勝ちですよ。

今日の散歩は旅の移動の安全を祈願して、三嶋大社に参拝に行きました。いつもとコースがだいぶ違います。

大社の桜の木からニイニイゼミの声が聞こえます。チーとか高音のジーとかの鳴き声です。電子音みたいなちょっと控え目な声です。

私のイメージでは家族でお出かけした、軽井沢とか箱根みたいな観光地の森から聞こえる蝉の声に思われます。

ミンミンゼミの「ミーンミンミンミー」とかアブラゼミの「ギーギージー」の声は、夏休み・麦茶・プールの思い出が浮かびます。

因みに気になった人は蝉の鳴き声でネットで検索してみて下さい。一通り声の違いも出てくると思います。

夕方にヒグラシの鳴き声が聞こえる様になると、夏休みの終わり、楽しかった時間の終焉を感じて物悲しく寂しい感じがしますね。

私はヒグラシの鳴き声が1番好きです。

夕方に、おばあちゃんが畑から収穫してきたきゅうりを庭の水道で冷して、マヨネーズと味噌を付けて食べようとしている時の思い出等がフラッシュバックして、何とも言えないセンチメンタルな感覚にとらわれるからです。

ところで、聞き覚えのある蝉の声や、その他の昆虫の鳴き声等を、海外の人はあまり聞こえないらしいですよ!?。

イマイチ???なのですが、どうやら音の認識の捉え方の違いらしいです。

虫の羽音や鳴き声を日本人とポリネシア人だけは左脳(言語を司る脳)で捉えるのに対して、西洋人はそれらを右脳(楽器や音楽等を司る)音楽脳で認識するかららしいです。

声と捉えるか、雑音等の音と認識するかの違いみたいです。

たぶん、うちのお店は目の前に踏切があるのですが、10分、15分間隔で必ず電車が通ります。結構うるさいはずですが、慣れてしまって全然聞こえません。ぼーっと道路を見ている時には気がつきます不思議です。

ですが、お客様で小さいお子さまをお連れの時には、電車が来る度に子供が、「カンカン!、カンカン!」と踏切の音に過剰に反応します。

今ちょうど目の前の踏切が鳴っています。間違いなく1日中うるさいはずですが、若干神経質な私でもあまり気にならないのも不思議です。

たぶんそんな感じではないでしょうか?

風の強い日には木々の葉のざわめく感じや、小川のせせらぎ、季節の到来を喜んでいる様な草花や虫の声等。とても素敵な感覚の様な気がします。

どの感性や、感覚や、認識の相違に優劣あると分類分けしてしまうのは身勝手な押し付けになってしまいますが、生まれや環境が異なる人々の間の意識の共有や交流がもっと出来れば、隔てる垣根が低く、小さくなるのかもしれませんね。

まあ偉そうな、小難しいグローバルな事象は置いといて、直ぐに自分に出来る事と言えば、せめて若者の流行りのモノを毛嫌いせずに取り入れてみるくらいはやってみる価値がありそうですね。

年を取ってくると口癖になってくる「そういうのはちょっといいや!」を出来るだけ言わない様に心がけています。

LINEすらやっていないアナログな私ですが・・・。

写真は三嶋大社のニイニイゼミです。

(-)_(-)

ニイニイゼミ

カテゴリー:blog(ブログ)

天然石 取扱い事例

営業カレンダー

コタロー堂

コタロー イメージOPEN 11:30 ~ 20:00
TEL 055-971-5914
静岡県三島市広小路町5-4


天然石 取扱い事例タロット占い

↓